腰椎椎間板ヘルニア

坐骨神経痛

 

 

腰椎椎間板ヘルニアとは?

 腰椎の椎間板は、5つの腰椎と仙骨の間にあり、それぞれの骨のクッションの役割をしています。真ん中の球状の核の部分を髄核、周りの円盤状に髄核を取り囲んでいる部分を繊維輪と言いますまた、その後方には、脊髄の入った脊柱管があり、そこから枝分かれした神経がそれぞれの骨の間を通ります。しかし、その椎間板の髄核が繊維輪を飛び出し、神経を刺激し炎症が起こると腰の痛み・脚のしびれや痛み・麻痺等を引き起こします。

坐骨神経痛とは?

 腰から出ている坐骨神経は、お尻~もも裏~ふくらはぎ~足までつながっています。この坐骨神経に沿って痛みが出ることを坐骨神経痛と言います。坐骨神経痛の原因は、腰椎椎間板ヘルニア、梨状筋症候群、坐骨神経周囲の筋肉の過緊張による神経・血管圧迫、腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離・すべり症、仙腸関節・股関節の障害等いくつか考えられます。

一般的に、どんな治療があるの?

 

 排尿障害や直腸障害、麻痺等状態がひどくなっってしまった時は、手術を考えなければならない場合もありますが、そうでない場合は消炎鎮痛剤・ブロック注射・シップ・はり・ケンイン・マッサージ・カイロプラクティック等様々な治療法があります。

 当院では、対症療法ではなく「なぜこのような状態になってしまったのか」という根本原因を見つけ出すことに力を入れております。そのため、問診・視診・触診・動きの観察・姿勢観察等の診察を丁寧に行ってい、患者様に納得して頂けるよう十分に説明していきます。

 

 当院のソフトバランス整体は、ヘルニアや坐骨神経痛のほとんどの根本原因である体のバランスの崩れ(関節、筋肉、姿勢等)を個々の患者様に適した状態に導く施術法で、しかもソフトにじわ~っと確実に行いますので、男性・女性・お子様から高齢者の方まで安心して施術を受けることができます。根本原因に対する施術の為、施術後その場で変化を実感でき、早期回復が期待できます。

 

 また、治療効果の維持や早期回復、予防の為のご自身での筋力トレーニング・ストレッチ・姿勢の注意点などのアドバイスも積極的に行っております。

 

 ひどくなる前の早めの受診をお勧めいたします。

 

 お知らせ

         5月予定表

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

        6月予定表

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

平日 AM 9:00~12:00

    PM 3:00~8:00

 青 AM 8:00~12:00

 赤 休診日  

千葉県 八街市 そよかぜ整骨院

〒289-1115

千葉県八街市八街ほ230-64

そよかぜ整骨院

☎043-443-9919